世界日報 Web版

ラグビーW杯の大成功で各紙は代表強化の継続と競技普及の必要指摘


◆日本中を熱狂に包む

 「想像がつかなかったラグビーのうねりを巻き起こした。日本のみなさんがスクラムを組んで成し遂げたオールジャパンの成果」(ラグビー・ワールドカップ<W杯>日本大会組織委の御手洗富士夫会長)と語れば、同・嶋津昭事務局長も「ラグビーの持つ価値が日本人のハートをわしづかみにした」と興奮が冷めやらない。

 日本人関係者だけが自画自賛しているのではない。ラグビーの国際統括団体であるワールドラグビーのビル・ボーモント会長も「最も偉大なW杯として記憶に残ると思う。日本は開催国として最高だった」と満点の評価をしたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ