世界日報 Web版

「多死社会」の課題


地域で看取る体制作り推進を

 月刊「Wedge」9月号は超高齢社会の現実に向き合う特集「『看取り』クライシス――多死社会が待ち受ける現実」を組んだ。

 超高齢社会とは、65歳以上の人口が、総人口に占める割合(高齢化率)が21%以上の社会だ。日本の高齢化率は2007年に21%を突破。現在は28%近くに達し、世界一の超高齢社会である。

 高齢者が多ければ当然、亡くなる人も多い。従って、超高齢社会は「多死社会」でもある。この現実は年間の死亡者数の推移を見れば一目瞭然。戦後、最も年間死者数が少なかったのは1966年の約67万人。これに対して、昨年は約136万人と、倍となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ