世界日報 Web版

子供のスマホ使用 脳の発達を阻害する


川島氏「人をサルにする道具」

 大阪府教育庁が公立小中学校で児童・生徒のスマートフォン(スマホ)や携帯電話(ケイタイ)の持ち込みを新年度から認めるという。学校にいる間は電源を切り、災害時や緊急時の連絡手段として、学校が許可した場合に登下校中に使用ができ、緊急時以外には保護者からの連絡はしない―などのガイドラインも発表した。

 子供にスマホを持たせておいて、緊急時以外には連絡しない保護者がどれだけいるのか、疑問だ。ガイドラインが形骸化してしまうのは目に見えているが、新年度以降、大阪府内でスマホを所持する小中学生が増えるのは確実だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ