世界日報 Web版

米国社会の分裂 LGBT運動の激化と反発


日本における法整備への警鐘

 米国で起きることは将来、日本でも起きると言われる。かつてその時間差は20年とも10年とも言われたが、今はもっと短いだろう。

 1960年代に、性の解放運動が起きた米国。90年代半ばになると、いわゆる「LGBT」(性的少数者)という言葉が使われるようになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ