世界日報 Web版

「オール沖縄」の敗北、宜野湾市長選で翁長知事錯乱


「オール沖縄」の敗北、宜野湾市長選で翁長知事錯乱

堂々テレビで公選法違反

 米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市長選は、安倍政権が支援する現職の佐喜真淳氏が、翁長県知事が支援する志村恵一郎氏に約6000票の大差をつけて再選を果たした。2014年秋の県知事選以来続いた翁長知事の必勝パターンが初めて崩れた瞬間である。

 今回の選挙は安倍政権と翁長氏との「代理対決」といわれ、辺野古移設を進める安倍政権は、佐喜真氏の勝利を6月の県議選、7月の参院選に向けての追い風と受け止めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ