世界日報 Web版

テレビ報道の偏向是正、視聴者の声がカギ


新聞との相互批判できず

 月刊誌の最新号に、テレビ報道に関する二つの論考が載っている。一つは右派の「WiLL」2016年2月号の「テレビは新聞社のプロパガンダ機関か」で、寄稿者は最近、保守系論壇での執筆活動が目立つ米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ