世界日報 Web版

翁長知事の国連スピーチ “独立宣言”相手にされず


翁長沖縄県知事の“独立宣言”、相手にされず

2女性の反論で見事粉砕

 翁長雄志知事が9月21日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説をして「沖縄の米軍基地は人権侵害」と訴えた。

 演説は知事が常日頃繰り返す常套(じょうとう)句の羅列であり、特に目新しいものはなかった。沖縄メディアの誇大な前宣伝で知事の熱弁を期待していた県民も、「これでは、インスタントラーメンがゆであがる間もない」と落胆するほど、実にあっけない「2分間」であった。

 知事に同行取材した沖縄タイムスは「知事訴え 世界に届く」(23日付)などの誇大な大見出しが紙面を飾った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ