世界日報 Web版

民主党の支持率低迷 「出自バラバラ」党の限界


反安倍・自民以外の目的不在

 安全保障関連法が成立した直後の19、20の両日、新聞各社は世論調査を行った。安保法に対する賛成、反対ではいずれの調査も反対が上回り、安倍内閣への支持率も不支持が多かった。ここまでは想定内だが、注目されるのは内閣支持率が自民党関係者の懸念ほどには下がらない一方で、「違憲法案だ!」「強行採決だ!」と、安保法制に強硬に反対した民主党の支持がまったく広がっていないことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ