世界日報 Web版

「朝日」問題の核心 日本の威信失墜させた


長く報道姿勢座視した読者

 いわゆる「従軍慰安婦」問題に関する「吉田証言」と東京電力福島第1原発事故における「吉田調書」をめぐる報道で新聞、テレビ、週刊誌、月刊誌とあらゆるメディアから批判をあびる朝日新聞。9月11日の木村伊量社長の記者会見には、会社の存続さえも危うくするような朝日批判を沈静化させようとの意図があったのだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ