世界日報 Web版

精神より金銭の文明、中国「嘘」の文化


分裂と統合繰り返す歴史

 日本で大問題となった冷凍ギョウザへの殺虫剤混入事件をはじめ、粉ミルクへの有害物質混入、廃油を再利用した食用油販売など度重なる事件で、中国における「食の安全」軽視の風潮は日本に知れ渡っている。それでも、上海の食品会社が使用期限切れの鶏肉を扱っていた事件で、従業員が「食べて死ぬことはない」と平然と語ったり、床に落ちたハンバーガーのパテを何事もなかったかのように機械に戻す姿を地元テレビ局の映像で見て、唖然(あぜん)としてしまった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ