世界日報 Web版

サッカー強いカトリック、W杯に見る文化の違い


体格よりも国民性の影響大

 サッカーのW杯ブラジル大会で、日本代表は1次リーグを突破できなかった。ヨーロッパで活躍する選手が増え、「史上最強チーム」という評価があるほど、国内での前評判は高かった。ベスト8を目標にしていただけに、1勝もできなかった結果に失望の声が広がる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ