国内

「壬生狂言」の演目「節分」が2年ぶりに上演

 京都市の壬生寺で、国の重要無形民俗文化財「壬生狂言」の演目「節分」が2年ぶりに上演された。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止。今年は上演回数や観客数を減らしてお披露目された。

上昇気流(2022年2月21日)

小泉純一郎、菅直人両氏ら5人の元首相が、東京電力福島第1原発事故で「多くの子供たちが甲状腺がんに苦しんでいる」とする書簡を欧州連合(EU)欧州委員会に送った。その内容は風評の類いであり不快だ。

中国海軍艦艇、豪軍哨戒機にレーザー照射

 オーストラリア沖を航行中の中国軍艦艇が豪軍機にレーザーを照射していたことが分かり、モリソン豪首相は20日、「威嚇行為と考えるしかない」と批判した。

コロナ禍こそ、じわりとくるラブストーリー

 2021年7月26日、34回目の誕生日を迎えた佐伯照生(池松壮亮)は、朝起きていつものようにサボテンに水をやり、ラジオから流れる音楽に体を動かす。けがでダンサーとしての道を断たれた照生は、今はステージの照明スタッフとして働いている。この日も仕事でダンサーに照明を当てている。

日本橋高島屋、海洋プラスチック製ピアスを販売

 日本橋高島屋(東京都中央区)で16日に始まった「つづくつなぐマーケット」では、生態系を脅かす海洋プラスチックで作ったピアスが販売されている。

岡山の裸祭り、コロナで「宝木」の争奪はなし

 国の重要無形民俗文化財「西大寺会陽」(裸祭り)が19日、西大寺観音院(岡山市東区)で無観客で開催された。本来はまわし姿の男たちが「宝木(しんぎ)」と呼ばれる護符を奪い合う祭りだが、新型コロナウイルスの感染拡大により昨年に続き争奪戦を中止。宝木を勝ち取った「福男」も初めて選ばない形で開かれた。

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」が始まる

 古くからお守りや富の象徴として親しまれている宝石の展示が19日、国立科学博物館で始まる。文化的視点だけでなく、科学的視点から、原石から宝飾品になるまでなどを紹介している。

旧日本軍の豪空襲から80年、ダーウィンで追悼式

 太平洋戦争中に旧日本軍がダーウィンなどオーストラリア北部への空爆を開始してから19日で80年を迎えた。ダーウィン市内ではモリソン豪首相ら約4000人が出席して追悼式が開かれた。

ユニークな企画展「矢印の原理展(2.0)」

 日常生活の中で出合うサインとしての「矢印」に焦点を当てたユニークな企画展TUB第13回企画展「矢印の原理展(2.0)」(主催:多摩美術大学TUB)が、2月16日から東京都港区の多摩美術大学TUBで開催中だ。

ロイヤルホスト、黒毛和牛ステーキを値上げへ

 ロイヤルホールディングスは18日、全国のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の黒毛和牛ステーキ商品を21日に値上げすると発表した。仕入れ価格の高騰を受けた措置で、引き上げ幅は216~440円(8~18%前後)。フライドポテトは同日、単品販売を一時休止する。

海洋機構が発表、漂着軽石から噴火原因を推定

 昨年8月に起きた小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火について、海洋研究開発機構は19日までに、沖縄県などに大量に漂着した軽石の分析から、マントル深部の玄武岩マグマが、爆発的噴火の引き金になったとする論文を日本地質学会の国際誌に発表した。

JR東日本、水素ハイブリッド車両を公開

 JR東日本は18日、水素を燃料とする電池と蓄電池のハイブリッド方式で走る国内初の試験車両「HYBARI(ひばり)」を報道陣に公開した。3月下旬から南武線(川崎-登戸)などで走行試験を始め、2030年の実用化を目指す。開発費は約40億円。

台湾が誇るフルーツ「アテモヤ」を日本に

 台湾が生産量世界一を誇るフルーツ「アテモヤ」の商品発表会がパレスホテル東京で行われた。台湾パイナップルと同様に、最大の輸出先であった中国からの理不尽な輸入停止が発表された。行政院農業委員会は日本に販路を拡大したい考え。

上昇気流(2022年2月20日)

俳聖の松尾芭蕉は謎めいたところが多い。忍者説というものもある。だが、気流子が一番気になっていたのは、芭蕉が『野ざらし紀行』に記した富士川の捨て子の話だ。

東シナ海などで空自緊急発進

 防衛省の発表によると、先週1週間では、11日、14~16日に東シナ海で、11日、15~17日には日本海およびオホーツク海で(うち15~17日は太平洋でも)、領空侵犯の恐れがある航空機に対し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。

旧日本軍の沈没潜水艦、豪で慰霊碑が除幕

 オーストラリア北部ダーウィン沖で、太平洋戦争の開戦直後に旧日本軍の潜水艦「伊号第124」が沈没して80年余りが過ぎた。ダーウィンでは18日、乗員80人全員の名前を刻んだ慰霊碑の除幕式が催された。

江戸時代後期の航路図発見、竹島を日本領と認識

 日本国際問題研究所(東京)は18日、島根県の竹島(韓国名・独島)の周辺を通る帆船の航路を記した、江戸時代後期の航路図1枚を発見したと発表した。調査した島根大の舩杉力修准教授によると、当時は異国を航行することができなかったことから、日本領と認識していた可能性が高いという。

甘利元担当相、日米がアジア新経済圏牽引を

 2015年10月の環太平洋連携協定(TPP)交渉合意を主導した甘利明元担当相とフロマン元米通商代表部(USTR)代表は17日、オンラインで講演し、日米両国がインド太平洋地域で新たな経済圏構築をけん引すべきだと強調した。国際経済秩序に挑戦する中国への対抗策が必要との認識でも一致した。

都心に愛犬家専用ホテル、観光需要を開拓へ

 ホテル運営会社の住友不動産ヴィラフォンテーヌ(東京)はこのほど、東京都港区の芝公園付近にオープンする愛犬との宿泊に特化したホテル「inumo(イヌモ)」を報道陣に公開した。コロナ禍でホテル利用が低迷する中、地方から愛犬を連れて東京を観光したい人々を中心に新たな需要の開拓を目指す。25日に開業する。

川崎が3連覇へ白星発進、縦への仕掛けに収穫

 史上2クラブ目の3連覇に挑む今季。王者川崎は序盤から鋭いプレスで主導権を握る。前半は体制一新のF東京の堅守に阻まれる展開が続き、「難しいゲームになった」と鬼木監督。だが、ミスから速攻を浴びる苦しい時間帯に、先制点が生まれた。

注目記事