山形・栗子山風力発電計画 環境影響評価を改竄か

山形県と福島県の県境に位置する栗子山で進む風力発電計画で、事業を進めるJR東日本エネルギー開発(本社・東京)がまとめた環境影響評価のデータに改竄(かいざん)の疑いがあることが分かった。山形の「さくらんぼテレビ」が報じた。
 計画は栗子山南側(山形県米沢市)に発電用風車を最大10基建設し、2028年に稼働を目指すというもの。

同報道によると、JR東日本エネルギー開発が行った環境影響評価では、天然記念物のイヌワシの巣は建設予定地から10㌔以上離れているとした上で、イヌワシなど「猛禽(もうきん)類などが風車に衝突する確率は20年に1羽に満たない」と評価した。

だが、JR東日本エネルギー開発から専門家として意見を求められた希少猛禽類研究家の今井正さんは、イヌワシの巣が予定地から約3㌔の場所で見つかっており、その事実が隠蔽(いんぺい)されているとしている。この事実を加味すると数年に1度は衝突する確率になるという。

JR東日本エネルギー開発から委託された調査会社社員のうちの2人は、事実が隠蔽されたことに憤り、21年に会社を辞めたという。

JR東日本エネルギー開発は世界日報の取材に対し、「改竄の事実はない」と返答。実際に環境影響調査を請け負った建設環境研究所(本社・東京)は取材に対し、「途中で請負事業者が変わった。私たちが行った調査部分に関しては改竄の事実はないものと認識している。以前の事業者に関しては分からない」と回答した。

spot_img