麻生氏「公明党はがん」発言

自民党の麻生太郎副総裁 =26日午前、東京・永田町の同党本部
自民党の麻生太郎副総裁 =26日午前、東京・永田町の同党本部

自公連立に新たな火種?

自民党の麻生太郎副総裁が講演で、昨年12月に閣議決定した安全保障関連3文書改定を巡り、公明党幹部らを「一番動かなかったがんだった」と発言したと報じられ、与党内に波紋が広がっている。自公連立政権の新たな火種になりかねないとの声も出ている。

麻生氏は24日、福岡市で開かれた講演会で、3文書改定で明記した反撃能力(敵基地攻撃能力)保有に言及。「北朝鮮からどんどんミサイルが飛んでくる。だが公明党は(反撃能力は)専守防衛に反するという理由で反対」したと述べた。公明党の一番動かなかった“がん”として、山口那津男代表ら公明幹部や支持母体の創価学会の名前を挙げて批判した。

両党幹部は火消しに務める。松野博一官房長官は26日の記者会見で、麻生氏の発言は適切だったか問われると、「報道は承知している。政府の立場からコメントすることは差し控えたい」とした上で、「3文書や安保諸課題は与党ワーキングチームが議論を積み重ね、与党が1年以上にわたって方針決定した。引き続き自公の強固な連立基盤で諸課題に対応していきたい」と述べた。

山口代表は同日の記者会見で、「どういう意図で言ったのか直接、聞いていない。前後の関係も分からないので評価は控えたい」と述べた。その上で、防衛論議については「しっかり進めていく」と強調した。

今年5月には、次の衆議院選挙に向けた自民・公明両党の候補者調整で、公明が東京での自民との選挙協力を解消する方針を決めた。9月4日には岸田文雄首相と山口代表が東京での選挙協力の再構築を明記した合意文書に署名。関係改善に動き出していた。公明関係者は「せっかく積み上げた信頼関係が崩れかねない」と憤った。

spot_img
Google Translate »