日本宗教の多様性を生む神仏習合

東大寺と宇佐八幡宮が嚆矢

八幡神が大仏造立への協力を託宣

転害会で巫女舞の奉納 10月5日、奈良県東大寺境内の手向山八幡宮

日本宗教の特徴は神道と仏教の混交、補完、協力の神仏習合にある。そのありようは時代や社寺によって異なり、それが日本宗教の多様性を生んでいるといえよう。聖徳太子が構想した仏教立国の象徴・東大寺における神仏習合の行事が同寺境内にある手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)の例大祭「転害会(てがいえ)」で、10月5日、東大寺の僧を迎え行われた。

例大祭「転害会」 当時を再現

手向山八幡宮で挙行

「手掻会」、「碾磑会」とも書かれてきた転害会は大分県の宇佐八幡宮から天平勝宝元(749)年、東大寺の大仏造立を助けるためやってきた八幡神を、東大寺の北西、奈良市一条通の東端にある「転害門」で迎えた様子を再現する神事。「てがいもん」という名称は、この門を入った東にあった食堂・大炊殿(おおいどの)に、水車で回して穀物をひく中国式の石臼・碾磑(てんがい)があったからだと伝わる。

東大寺の北にある国宝転害門

唐から伝わった小麦がここで粉にされ、うどんがお斎(とき)(昼食)に使われたとの記録もある。東大寺別当だった空海が関わっているのかもしれない。平安時代の終わりに「手掻」となったのは、八幡神が協力するよう諸神を手招きする仕草が手で掻くようだったからという。「転害」になったのは中世以降からで、「害を転じる」との意味による。

聖武(しょうむ)天皇は天平15(743)年、「一枝の草、一把の土を持ちて、像を助けむとする情に願はば、恣に之を聴せ」と大仏建立の詔を発した。ささやかでも国民皆の力を結集して大仏を造ろうとの呼び掛けは人々の心を動かし、260万人もの協力者が現れたと『東大寺上院修中過去帳』は記している。当時の人口の約半分が携わる国家プロジェクトであった。

手向山八幡宮の本殿

しかし、膨大な国費を投じれば、反対の声も高まりかねない。そんな時、宇佐の八幡神から「われ天神地祇を率い、必ず成し奉る。銅の湯を水となし、わが身を草木に交えて障ることなくなさん」という託宣が出されたのである。喜んだ聖武天皇は八幡神を東大寺に迎えることにした。

宇佐から神輿(みこし)に乗ってやってきた八幡神が御旅所にしたのが転害門で、大勢の僧侶や役人たちが出迎えた。その後、聖武太上天皇、考謙天皇、光明皇太后が行幸した東大寺で、僧侶5000人の読経と呉楽、五節舞(ごせちのまい)などの法要が営まれている。

国宝の転害門は東大寺に残る最古の門で、京都からの東大寺参詣には、正門のように使われていた。度重なる戦火を潜り抜け、創建当初の寺の姿を残す貴重な伽藍(がらん)で、神仏習合の名残から、寺の門でありながらしめ縄が張られている。

八幡宮の御利益でもあろうか、朝鮮か中国から買うしかないと思われていた大仏に塗る金が、日本で初めて陸奥国で発見、献上されたのである。宇佐は銅の産地でもあり、銅精錬や鋳造の技術者集団もいたので、彼らも大仏造立に協力したに違いない。

氏子や参拝者が集まり午前10時、転害会が始まった。本殿前の拝殿には、神鏡を載せた神輿「御鳳輦(ごほうれん)」が据えられていた。黒漆の骨組みが紫の錦に包まれ、天盤に金色の鳳凰が乗っている。「御」は乗られる神や天皇、「鳳」は雄の瑞鳥(ずいちょう)、「輦(てぐるま)」は肩に乗せて運ぶ乗り物を意味する。雅楽が奏でられる中、供え物やお酒などが供えられた。

本殿の御扉の前へ進んだ神職が、御扉に掛けられた御簾の裾を持ち上げ、「ウォー、ウォー、ウォー」と神の降臨を告げる警蹕(けいひつ)を発する。本殿の御扉は正面と左右に三箇所あり、中央、右、左の順に進められた。そして、神職に続いて僧も玉串を奉って二拝二拍手一拝、神仏習合の瞬間だ。その後、天平時代を思わせる衣装の巫女(みこ)舞が奉納され、神事は終わった。

例年は神事の後、転害門までの神輿の渡御と神事、僧の法会と田楽や舞楽の奉納が門前で行われるのだが、コロナ禍のため3年前からは八幡宮での神事のみ。八幡宮には、転害会の絵巻や祭りに使われた舞楽面や装束、楽器などが保存されている。

同日、東大寺の勧進所八幡殿では、明治初年の神仏分離により八幡宮から東大寺に遷(うつ)された国宝・僧形八幡神坐像と、江戸時代に大仏殿を復興した公慶上人の座像が特別公開されていた。

(多田則明)

spot_img
Google Translate »