アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真

短期に広がって消えた

東京都写真美術館

永田一脩《火の山》1939年東京都写真美術館蔵

日本近代写真史の中で短い期間、花火のように広がり、戦争の闇に消えていったのが「前衛写真」。戦時中にオリジナル・プリントや史料が焼失したため長く検証されてこなかったが、その研究が進んで、全体像が知られるようになった。

東京都写真美術館で開催中の「アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真」は、1930年代から40年代にかけて、各地で繰り広げられた前衛写真の全容を紹介している。

20年代末、日本でもカメラの機械性を生かして写真でしかできない表現を目指した新興運動が活発化する。前衛写真はそれを深化させて展開した。影響を与えたのはシュールレアリスムや抽象美術で、画家や詩人、デザイナーが参加し、アマチュア団体を中心に勃興。きっかけは31年東京と大阪で開かれた「独逸国際移動写真展」と、37年全国を巡回した「海外超現実主義展」だ。

当時、芸術表現として写真を制作する写真家はまだ存在しなかった。作品展はアマチュア写真家らが出合った、シュールレアリスムの影響を受けた海外の作家たちの作品から紹介される。

マン・レイ、ウジェーヌ・アジェ、ハンス・ベルメールらの作品で、マン・レイの《カラー》(1930年ごろ)はカラーという花を光と影だけで表現した清冽(せいれつ)な作品だ。

彼らは各地で写真家集団を形成し、新たな写真論を展開、同人誌を発行しつつ、運動を広げていった。その様子を関西、名古屋、福岡、東京とたどっていく。多彩なアイデア、自由な発想、奇想天外さに驚かされる。

関西の「浪華写真倶楽部」は04年の創設だが、今も活動しているという。「丹平写真倶楽部」「アヴァンギャルド造影集団」が続いた。

名古屋でけん引役を果たしたのは「なごや・ふぉと・ぐるっぺ」の坂田稔。彼は大阪在住時代に「浪華写真倶楽部」に所属し、福岡の「ソシエテ・イルフ」にも影響を与えた。

発想の面白さでは、例えば永田一脩《火の山》(1939年)がある。遠景に岩山、宙に岩が浮いていて、下は砂利の大地。上下を逆にすると水に岩山が映り、岩が水面から露出している。自然の景観だが、シュールレアリスムとして見せたのだ。

やがて戦時体制下が強化され、活動は収束へ追い込まれていく。8月21日まで。

(増子耕一)