山上容疑者は「信者でない」 安倍氏銃撃事件で家庭連合

会見する世界平和統一連合の田中富広会長=11日、都内で(加藤玲和撮影)

安倍晋三元首相が死亡した銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者(41)の動機が「特定の宗教団体への恨み」という報道を受け、世界平和統一家庭連合(家庭連合)は11日、東京都内で記者会見を開いた。

田中富広会長は逮捕された山上容疑者について、「当法人の信者ではない。過去においても信者だった記録は存在していない」と強調。「教会に対する恨みから安倍元首相の殺害に至るまでは大きな距離があり、その理解に困惑している」としつつ、「警察からの要請があれば、捜査に全面的に協力したい」と話した。

さらに田中会長は山上容疑者の母親が1998年から正会員だったと説明し、最近は「1カ月に1回ほどの頻度で行事に参加してきた」と語った。

また、一部メディアで犯行動機と報道されている母親の多額の献金問題については、捜査段階であることを理由に会見での言及を避けた。

一般信者の献金に関して「破綻していることを知っている立場で、さらに献金を要求することはなく、そのように指導していない」と話した上で、「今報道されていることがすべて動機の根源にあるなら、教団においても重く受け止めなければならないと考えている」と述べた。

安倍氏との繋(つな)がりについては、「友好団体が主催する行事に安倍元首相がメッセージを送られたことはある」とした上で、「会員として登録されたことはないし、顧問になったこともない」と直接的な関係性を否定した。