「人権弾圧中国に資格なし」 在日ウイグル人らデモ

北京冬季五輪開催に抗議するデモの参加者たち=4日、都内(村松澄恵撮影)

北京冬季五輪が開幕した4日、オリンピック精神と懸け離れた人権抑圧が繰り広げられる中国での開催に抗議するデモが世界各国で行われた。都内では、在日のウイグル人や南モンゴル人など約50人が六本木から日比谷公園までデモ行進を行い、「五輪憲章に反して人権弾圧を行っている中国に五輪開催を行う資格はない」と訴えた。

デモ出発に当たり、在日香港人の民主活動家ウィリアム・リーさんは「中国ではたくさんの人が苦しんでいる。大会だけでなく、そこにも注目してほしい」と強調した。

内モンゴル自治区出身者らによる組織「南モンゴルクリルタイ」のオルホノド・ダイチンさんは、「日本はあまりにも中国に配慮し過ぎている。経済的つながりがあったとしても、人権侵害や虐殺を指摘して非難していかないといけない」と語った。

これに先立ち、参加者らは中国大使館前で北京冬季五輪の開催に抗議を行った。

spot_img
Google Translate »