世界日報 Web版

国際平和言論人協会ウェブセミナー


「朝鮮半島平和構築へのメディアの役割:日欧の視点」

 「国際平和言論人協会」(IMAP)は、4月30日(金)に「朝鮮半島平和構築へのメディアの役割:日欧の視点」をテーマとするウェブセミナーを開催します。

国際平和言論人協会(IMAP)

国際平和言論人協会(IMAP)

 2020年2月にソウルで発足したIMAPは、世界各国の報道機関や言論人が恒久平和の構築に向けて協力する国際組織です。日本事務局は世界日報社が担当しています。

 朝鮮半島の平和構築に向け、メディアが果たすべき役割は極めて大きいです。ウェブセミナーでは日本と欧州の専門家・報道関係者が議論を交わします。

 本ウェブセミナーは、国連NGOである天宙平和連合(UPF)が主催する国際指導者会議(ILC)2021の一環として開かれます。


【日時】令和3年4月30日(金)16:30~18:00

【登壇者】
宮塚利雄(宮塚コリア研究所代表)/黒木正博(世界日報社長)/ハンフリー・ホークスリー(英BBC)/ルトフィ・ダルビシュ(アルバニア政治評論家)/トーマス・マクデビット(米ワシントン・タイムズ会長)/司会:リタ・ペイン(元英BBCアジアエディター)

【参加方法】案内ページ(https://imap.worldtimes.co.jp/)でご確認ください。

【参加費】無料

【言語】英語(日本語の同時通訳があります)