世界日報 Web版

終戦の日 平成の「お言葉」踏襲


「深い反省」盛り込む

 天皇陛下は初めて出席した全国戦没者追悼式のお言葉で、「深い反省」の文言を盛り込むなど、平成の表現をほぼ踏襲された。先の大戦への「深い反省」は、上皇陛下が戦後70年を迎えた2015年に初めて使用。平和を祈る上皇陛下の思いを引き継がれる形になった。

800

天皇、皇后両陛下は全国戦没者追悼式に臨まれた=15日午前、東京都千代田区の日本武道館

 昨年までのお言葉にあった「苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません」との部分は、「多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります」との表現に変わった。戦後生まれの陛下は戦争を直接体験されておらず、「往時をしのぶ」との表現を使われなかったとみられる。

 追悼式のお言葉は陛下が自ら執筆され、侍従長ら側近とも相談しながら推敲(すいこう)されたという。上皇陛下が「深い反省とともに」としていた部分は、「深い反省の上に立って」との形で踏襲。「国民」を「人々」と言い換えられた部分もあったが、全体に文章の流れは昨年までと同様だった。