世界日報 Web版

即位後初、天皇陛下が田植え


700

天皇陛下は即位後初の田植えをされた 20日午後、皇居・生物学研究所脇の水田(宮内庁提供)

 天皇陛下は20日午後、皇居内の生物学研究所脇にある水田で、即位後初となる田植えをされた。昭和天皇が始めた皇居での稲作は、上皇陛下を経て陛下へと引き継がれた。

 陛下は水色の長袖シャツにグレーのズボン姿。黒い長靴で水田に入ると、苗が風で倒れないよう念入りに植えていかれた。

 陛下が今回植えたもち米のマンゲツモチとうるち米のニホンマサリの苗は、上皇陛下が退位前の4月にまいた種もみを栽培したもの。陛下は今後上皇陛下と同様に、種もみまきから田植え、刈り取りまでの作業を毎年続けていかれるという。