世界日報 Web版

眞子内親王殿下 御婚約内定、来月3日に


 宮内庁は17日付で、九州北部豪雨のため延期していた秋篠宮殿下御夫妻の長女眞子内親王殿下(25)と大学時代の同級生小室圭さん(25)の婚約内定に関する行事を9月3日に行うと発表した。当初は7月8日の予定だった。

600

近く婚約される秋篠宮殿下御夫妻の長女眞子内親王殿下と小室圭さん(写真左)

 同庁は「災害発生から約1カ月半が経過し、被災地で復旧・復興に向けた進捗(しんちょく)が見られることから、日取りを再設定することにした」と説明。天皇、皇后両陛下や秋篠宮殿下御夫妻の予定のほか、小室さんの勤務への影響なども考慮して9月3日の日曜日に決まったという。

 当日は宮内庁長官が同庁で婚約内定を発表し、眞子殿下は午後に赤坂御用地(東京都港区)で小室さんとそろって会見される。挙式は来年となる見通しで、皇室典範の規定により、眞子殿下は結婚とともに皇籍を離脱することになる。

 眞子殿下は今月19日にハンガリーへ向け出発。秋篠宮殿下とともに同国の家畜事情などを視察し、同23日に帰国する予定。