世界日報 Web版

皇后陛下、ピアノを演奏される


800

皇后陛下はコンサート御鑑賞に先立ち、イタリア人ソプラノ歌手とアンサンブルのレッスンでピアノを演奏された(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は27日、静養先の長野県軽井沢町から群馬県草津町に移動し、同町で開催中の「第36回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」のコンサートを鑑賞された。

 皇后陛下はこれに先立ち、イタリア人ソプラノ歌手とアンサンブルのレッスンでピアノを御演奏。歌詞の意味などを尋ねながら、シュトラウスの「あした」を真剣な表情で何度も弾いておられた。終了後、報道陣に「私には難しくて」と笑顔で語り、心臓の精密検査後の御体調については「大丈夫です」と答えておられた。