世界日報 Web版

両陛下、トヨタの工場御視察


800

天皇、皇后両陛下はトヨタ自動車元町工場を視察し、豊田章男社長(右から2人目)から燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の説明を受けられた=27日午後、愛知県豊田市(代表撮影)

 愛知県を訪問中の天皇、皇后両陛下は27日午後、企業視察の一環として、豊田市のトヨタ自動車元町工場を訪れ、水素と空気中の酸素で発電して走る燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の製造工程を見学された。両陛下のトヨタ工場視察は1983年以来で、即位後は初めて。

 同工場では、13人の従業員がミライを1日3台ずつ手作業で製造しており、両陛下は豊田章男社長の説明で、窓ガラスの取り付けなどの様子を見て回られた。

 従業員との懇談後、天皇陛下から「危険な工程もあるでしょうが、安全に気を付けて」とお気遣いの言葉があったという。

 また、両陛下はこの日午前、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で、「国際第四紀学連合第19回大会」の開会式に出席された。

 この国際会議では、地質年代のうち、約260万年前から現在までの「第四紀」に関する研究発表と討論が行われる。