世界日報 Web版

佳子殿下 26歳に


コロナ禍、オンラインで活動

 秋篠宮家の次女佳子殿下は29日、26歳の誕生日を迎えられた。新型コロナウイルスの感染拡大の状況を案じながら、お住まいの宮邸でオンラインを活用し、活動を続けられている。

秋篠宮家の次女佳子殿下は藤棚のノダフジを手にされた=4日、東京都港区の赤坂御用地(宮内庁提供)

秋篠宮家の次女佳子殿下は藤棚のノダフジを手にされた=4日、東京都港区の赤坂御用地(宮内庁提供)

 宮内庁によると、ご家族で専門家からコロナに関する説明を聞かれるなど、オンラインでの活動は5月以降で35件に上る。例年出席していた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」は9月にオンライン開催となり、ビデオメッセージを寄せられた。

 1月に東京都内で開かれた「聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」では、手話であいさつ。2014年に紀子殿下と一緒に出席されたことはあったが、一人での参加は初めてで、手話の新しい表現などを事前に何度も練習された。

 コロナ禍で普段は外出を控え、宮邸で静かに過ごされているという。