世界日報 Web版

秋篠宮殿下 55歳に


眞子殿下結婚「認める」
二人の思い「親として尊重」

 秋篠宮殿下は30日、55歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・元赤坂の赤坂東邸で記者会見。婚約内定中の長女眞子殿下(29)と小室圭さん(29)について、「結婚することを認める」と明言された。結婚は両性の合意のみに基づくとの憲法の規定を理由に挙げ、「本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重する」と説明された。

秋篠宮殿下は55歳の誕生日を前に記者会見された=20日、東京都港区の赤坂東邸(代表撮影)

秋篠宮殿下は55歳の誕生日を前に記者会見された=20日、東京都港区の赤坂東邸(代表撮影)

 一方で、「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」との認識を示し、今後の予定は「これから追って考えていく」とするにとどめられた。「結婚と婚約は違います」とも述べ、婚約に当たる「納采の儀」の見通しについては言及されなかった。

 皇位継承順位1位の皇嗣となったことを国内外に示す「立皇嗣の礼」を8日に終え、代替わりに伴う一連の儀式が終了し、「安堵(あんど)しております」と感想を語られた。その上で「以前と変わらず一つ一つのことを大切に務めていきたい」と抱負を述べられた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で皇室の活動が制限される中、秋篠宮殿下御一家はオンラインでの交流に積極的に取り組んでこられた。「こういうときに有効な手段」と評価しつつ、「対面で話すのとは少し違う。今後工夫の余地があるのではないか」と述べられた。

 被災地訪問などが難しい中、困難な状況にある人やその支援者に心を寄せていくことが皇室の役割だと指摘。「その時々に合わせて何をすることができるかを常に考えていくことが大事」と語られた。

 お茶の水女子大付属中2年の長男悠仁殿下(14)の進学先については「本人とよくよく相談しながら決めていきたい」と話された。