世界日報 Web版

両陛下 障害者施設を御訪問


「共生社会、切に願う」

 天皇、皇后両陛下は22日午後、埼玉県所沢市の国立障害者リハビリテーションセンターで行われた同センターなどの創立40周年記念式典に出席し、入所者の就労支援の様子を視察された。

800

天皇、皇后両陛下は国立障害者リハビリテーションセンターを視察された=22日午後、埼玉県所沢市(代表撮影)

 天皇陛下は式典で、「障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格や個性を尊重し支え合う『共生社会』が築かれていくことを切に願っています」とあいさつされた。

 両陛下は続いてセンターの就労支援室を訪れ、さまざまな身体障害を持つ入所者がパソコンの入力作業を練習する様子を見学。天皇陛下は「作業はいかがですか」「どういうことが難しいですか」と一人一人に尋ね、体調を気遣っておられた。

 毎年12月の障害者週間にちなんだ施設訪問で、即位関連行事の影響でこの時期になった。同センターには、大嘗祭で供えられた各地の特産物の一部が提供されていた。