世界日報 Web版

両陛下が大嘗祭リハーサル


 天皇、皇后両陛下は6日午後、皇居・東御苑に建設された「大嘗宮」で、今月14~15日に行われる「大嘗祭」のリハーサルに臨まれた。

500

天皇、皇后両陛下は大嘗祭のリハーサルのため、半蔵門から皇居に入られた=6日午後、東京都千代田区

 両陛下は午後1時45分ごろ、半蔵門から皇居内に入り、集まった人々に笑顔で手を振って応えられた。

 「習礼(しゅらい)」と呼ばれる、この日のリハーサルでは、儀式の手順や所作などを確認したとみられる。

 大嘗祭は天皇が即位後に行う一世一度の儀式。中心となる「大嘗宮の儀」では、天皇が「悠紀殿(ゆきでん)」や「主基殿(すきでん)」などから成る大嘗宮で新穀を神々に供え、自らも食べて五穀豊穣(ほうじょう)と国家国民の安寧を祈る。