蔡総統「台湾は孤立せず」 米下院議長と会談 結束誇示

5日、米カリフォルニア州シミバレーで、マッカーシー下院議長(右)と握手する台湾の蔡英文総統(EPA時事)

【ワシントン山崎洋介】米国を訪問している台湾の蔡英文総統は米西部時間5日午前(日本時間6日未明)、ロサンゼルス郊外にあるレーガン大統領図書館でマッカーシー下院議長と会談した。マッカーシー氏は「米台の結束はかつてないほど強い」と強調し、超党派で台湾との関係強化に取り組む姿勢を示した。一方、反発する中国側は対抗措置を示唆しており、その対応が注目されている。

米下院議長は大統領の継承順位が副大統領に次ぐ2位で、米メディアによると、台湾の総統が米国内で下院議長と会談するのは初めて。両氏は会談後、並んでそれぞれ談話を読み上げ、結束をアピールした。

蔡氏は「米議会からの揺るぎない支援は、台湾が孤立していないと再確認させてくれる」と述べた上で、台湾統一への圧力を強める中国を念頭に「われわれの平和と民主主義は今、これまでにない試練に直面している」と指摘。レーガン元大統領が唱えた「力による平和」を引き合いに出し、「われわれは団結を通し、さらに強くなる」と、今後も関係強化を図る意向を示した。

マッカーシー氏は「米台の友情は自由な国際社会において非常に重要だ」と訴えた。その後、同行した超党派の議員と共に開いた会見では、台湾有事を未然に防ぐためには「戦争を抑止し防衛を可能とする兵器を供与することだ」と述べ、武器売却を急ぐ考えを示した。

一方、米台接近に神経をとがらす中国は「断固とした強い措置を取る」と反発。会談直前には、空母「山東」を中心とする艦隊が初めて台湾沖で訓練するなど軍事的圧力を高めている。

中国は昨年8月に当時のペロシ下院議長が台湾を訪問した際に、台湾周辺で大規模な軍事演習を行うなど台湾への圧力を強めた。バイデン政権は今回、蔡氏の米国通過について、目新しいことではないと繰り返し強調し、中国が台湾への圧力を強める口実を与えないよう努めてきた。ブリンケン国務長官は5日、訪問先のベルギーで「中国は蔡総統の立ち寄りを口実に緊張を高め、現状変更を推し進めるための行動を取るべきではない」と牽制(けんせい)した。

マッカーシー氏は、今後の台湾訪問の可能性について、「現時点で計画はないが、それは行かないという意味ではない」と述べた。その上で「私は下院議長だ。中国は私がどこに行って誰と話すのか、また誰が敵で味方なのかを説教するべきでない」と述べ、圧力には屈しない姿勢を明確にした。

spot_img