ゼレンスキー氏「支援継続を」バイデン大統領と首脳会談

21日、ワシントンで会談したウクライナのゼレンスキー大統領(左)とバイデン米大統領(EPA時事)

【ワシントン山崎洋介】ウクライナのゼレンスキー大統領は21日、米首都ワシントンでバイデン大統領や米議員らと会談し、ウクライナへの支援継続を訴えた。米国などでウクライナへの支援疲れも指摘される中、バイデン氏は、「未来の自由のため、米国は決して引き下がることはない」と述べ、支援の継続を誓った。

米政府はホワイトハウスでの首脳会談に合わせ、ウクライナに対する総額約3億2500万㌦(約480億円)の追加の軍事支援を表明。バイデン氏は、すでに供与を発表していた主力戦車「エイブラムス」が来週にウクライナに届くことを明らかにした。

バイデン氏は会談後、「ウクライナの主権、領土保全、自由に対する将来の脅威を抑止するため、ウクライナの長期的な安全保障を確保できる部隊の構築を支援する」と約束した。ただ、ウクライナが強く求めてきた射程約300㌔の地対地ミサイル「ATACMS」の供与は見送られた。

首脳会談後、ゼレンスキー氏は国立公文書館で演説し、「ロシアの独裁政権がこれほど強い抵抗を受けたことはかつてなかった。ロシアが他国を滅ぼすことは二度とないだろう」と強調。その上で「ウクライナで米国への感謝を思わない人はいない」と述べ、これまでの支援に謝意を表明した。

首脳会談に先立ちゼレンスキー氏は、連邦議会を訪問し、非公開の会合で議員らに支援継続を求めた。ロシアによる軍事侵攻が長期化する中、共和党の一部から、支援を継続することに対し、反対の声も上がっている。ゼレンスキー氏は会談後、Ⅹ(旧ツイッター)に「米議会がウクライナへの財政支援を継続するための重要な決定をすることを願っている」と投稿した。

昨年12月にゼレンスキー氏が議会で演説した際には、両党の議員から拍手喝采で迎えられたが、今回、議会演説は実現しなかった。共和党のマッカーシー下院議長は記者団に「時間がなかった」と釈明したものの、ゼレンスキー氏との写真撮影も拒否する冷遇ぶりだった。

米国内には「支援疲れ」も見られる。CNNの8月の調査では、55%が「米議会はウクライナ支援のための追加資金を承認すべきでない」、51%が「米国はすでに十分な支援を行った」と答えた。

spot_img
Google Translate »