トランプ氏 記録改竄34件、無罪主張 「かつてない選挙干渉」

4日、ニューヨークで、トランプタワーを出て裁判所に向かう前に拳を掲げるトランプ前米大統領(EPA時事)

【ワシントン山崎洋介】米東部ニューヨーク州の大陪審に起訴されたトランプ前大統領は4日、マンハッタンの刑事裁判所で罪状認否に臨んだ。トランプ氏は、2016年の大統領選中に口止め料の支払いを巡りビジネス記録を改竄(かいざん)したとして34件の重罪に問われたが、そのすべてについて無罪を主張した。裁判は、トランプ氏が立候補を表明している来年の大統領選にも大きな影響を与えそうだ。

トランプ氏は、専用ジェット機で南部フロリダ州の自宅「マールアラーゴ」に戻った後、支持者を前に演説し、「この国でかつてないほどの大規模な選挙干渉だ」と述べ、起訴を批判。また「すべての法律アナリストや評論家が、事件性はないと言っている」として潔白を強調した上で、「私が犯した唯一の罪は、わが国を破壊しようとする者たちを恐れず、国を守ったことだ」とも訴えた。

ニューヨークでの罪状認否は約1時間にわたって開かれ、トランプ氏は無罪を主張した。この日公開された起訴状などによると、トランプ氏は16年の大統領選前に、不倫関係にあったと主張するポルノ女優らに口止め料を払い、それを隠すためにビジネス記録を改竄したとされる。大統領経験者が刑事被告人となったのは、米国で初めて。

検察は、トランプ氏が過去にポルノ女優に13万㌦(約1700万円)、不倫関係にあったと主張する元モデルに15万㌦(約2000万円)、「トランプ氏に婚外子がいる」と主張するトランプタワーの元ドアマンに3万㌦(約390万円)を支払ったと説明。この支払いを肩代わりした弁護士にトランプ氏の会社が弁済する際に、「弁護士費用」として小切手を作成したことなどが記録の改竄に当たるとしている。

マンハッタン地区検事のアルビン・ブラッグ氏はトランプ氏が「自身に不利な情報を有権者に隠すため、ビジネス記録を繰り返し不正に改竄した」と主張。ニューヨーク州法では、記録改竄自体は軽犯罪に該当するが、別の犯罪を隠す意図で行われた場合に重罪に引き上げられるという。

トランプ氏の次の審理は、12月4日に設定された。来年11月の大統領選に向け、同年2月から共和党予備選が始まるなど、候補者選びが本格化する中、裁判が同時に進行することになり、選挙に大きな影響を与えることが予想される。

spot_img
Google Translate »