イスラエル人2人 銃撃受け死亡 ヨルダン川西岸

【エルサレム森田貴裕】パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ナブルス近郊の町フワラで19日、パレスチナ人による銃撃があり、イスラエル人2人が死亡した。イスラエル軍が同日、発表した。軍や警察が地域を封鎖して容疑者の行方を追っている。

イスラエルのメディアによると、死亡したのはイスラエル人の60歳と28歳の父子。パレスチナ人の男が洗車場に立ち寄った2人に向けて至近距離から少なくとも5発を発砲し逃走した。男は発砲前、2人がアラブ系イスラエル人ではなくユダヤ人であることを確認したという。

ネタニヤフ首相は、遺族らに弔意を表し「治安部隊が殺人者の捜索に努めている」と述べた。

ヨルダン川西岸ではここ数カ月、パレスチナ人によるイスラエル人を狙ったテロ攻撃が急増している。

spot_img
Google Translate »