サウジ皇太子 イラン外相と会談

18日、サウジアラビア西部ジッダで イランのアブドラヒアン外相(左)と 会談するサウジのムハンマド皇太子 (イラン外務省提供)(AFP時事)

【エルサレム森田貴裕】サウジアラビアの事実上の最高権力者である首相のムハンマド皇太子は18日、西部ジッダでイランのアブドラヒアン外相と会談した。国営サウジ通信(SPA)が同日、報じた。両国が3月に外交関係の正常化で合意して以来、最高レベルの会談となった。イラン政府高官がムハンマド皇太子と会談するのは初めて。

SPAによると、会談では、両国間の協力と発展、地域・国際情勢について話し合った。

アブドラヒアン氏は会談後、「明確かつ率直な議論ができた」「地域全体の安全保障と発展に賛同する」と述べた。国営イラン通信(IRNA)が伝えた。

アブドラヒアン氏は17日にサウジのファイサル外相と会談し、両国が経済や安全保障などの分野で協力を拡大させることで一致した。

spot_img
Google Translate »