「パンは高根の花」小麦調達難 中東で悲鳴 ウクライナ侵攻で影響

輸入の8割以上 露とウクライナ

街頭で売られているエジプトのパン「アエーㇱ」=13日、カイロ(時事)

【カイロ時事】ロシア軍のウクライナ侵攻を受け、両国から小麦を大量に輸入している中東諸国で「パン不足」が深刻化している。業者が小麦を調達できず生産が滞る事態も発生し、主食の価格急騰に市民の不満が増大。パン不足をめぐる混乱は、かつて中東の民主化運動「アラブの春」の遠因にもなっただけに、各国は対応に追われている。

世界最大の小麦輸入国エジプトでは、3月の都市部のインフレ率が10%超と約3年ぶりの高水準を記録した。押し上げたのは、主に穀物などの食料品。輸入小麦の8割以上をロシアとウクライナに依存しており、戦争の影響が如実に表れた形だ。首都カイロ近郊ギザに住む主婦ハナンさん(39)は「もう必需品しか買えない」と不満顔で話す。

エジプト政府によれば、小麦の備蓄は4月初旬時点で2・6カ月分。ウクライナでの戦闘長期化が懸念される中、小麦輸入先の多角化が急務で、米国、欧州、南米のほかインドからの調達も検討している。国内生産拡大による自給率アップも目指している。

政府はパンの値段に上限を設けるなど、価格統制も強化。一方で、価格高騰に便乗した悪質業者の拘束例も相次いで報じられている。カイロのモスク(イスラム礼拝所)では「強欲を抑えて正直でいれば、殉教者や預言者と同列になれる」との説教も聞かれるという。

経済危機下のレバノンもウクライナ産小麦への依存度が高く、影響が深刻だ。不況で外貨が不足している上、2020年に起きた大爆発で国内最大級の穀物倉庫が大破したまま。小麦の備蓄は1カ月半程度とされ、販売量が減ったパン屋の前では連日、長蛇の列ができている。現地メディアは「パンは高根の花になってしまうだろう」と嘆く市民の声を伝えた。

エジプトでムバラク独裁政権が倒れた11年の革命では、市民が「パンと自由と社会正義」を訴え抗議デモを繰り広げた。アルアハラム政治戦略研究所(エジプト)のフセイン・スレイマン氏は「政変は複雑な要因が絡むので予想が難しいが、経済が脆弱(ぜいじゃく)な中東諸国で、価格高騰は社会不安のリスクを高めかねない」と指摘している。

spot_img
Google Translate »