EU首脳 主要3ポストで合意 7月の決定までに波乱も

ポ ル ト ガ ル の コ ス タ 前 首 相 ( 右 ) 、 欧 州 連 合 ( E U ) の フ ォ ン デ ア ラ イ エ ン 欧 州 委 員 長 ( 中 央 ) 、 エ ス ト ニ ア の カ ラ ス 首 相 ( A F P 時 事 )

【パリ安倍雅信】欧州連合(EU)は27日の首脳会議で、欧州委員会のフォンデアライエン委員長の続投を含む主要3ポストで合意した。ただ、イタリアやハンガリーなどが反対しており、7月の決定までに一波乱ありそうだ。輪番制のEU議長国は7月から、親ロシアでウクライナ支援に否定的なハンガリーのオルバン首相が務める。

フォンデアライエン氏の他は、退任が決まっているミシェルEU理事会議長(大統領に相当)の後任にポルトガルのコスタ前首相を指名、外相に当たる外交安全保障上級代表(外相)にはエストニアのカラス首相を充てることで一致した。現欧州委員会執行部の任期は2024年10月31日までで、新執行部人事は6月6~9日の欧州議会選の結果を踏まえて指名されるが、加盟国首脳には異論もある。

spot_img
Google Translate »