マクロン仏大統領、ロシア領内攻撃を容認 ウクライナに供与の西側兵器

28 日 、 ベ ル リ ン 郊 外 で シ ョ ル ツ 独 首 相 ( 右 ) と の 共 同 記 者 会 見 に 臨 む マ ク ロ ン 仏 大 統 領 ( A F P 時 事 )

【パリ安倍雅信】ドイツに国賓として訪問中のフランスのマクロン大統領は28日、ロシア領内の軍事拠点攻撃に、西側が提供するミサイルを使用することを許可すべきだとの認識を示した。同時に「民間への攻撃」は容認しないことを強調した。

マクロン氏はベルリン郊外のメーゼベルク城での独仏閣僚評議会の際の記者会見で「ウクライナ攻撃のミサイルが発射される軍事施設を無力化することを許可しなければならない」と述べた。ドイツやイタリアはロシアによる核兵器使用のリスクを考え、消極的姿勢を崩していない。

ロシアは、自国領内からミサイルでウクライナを攻撃しており、ロシアの攻撃を阻止するため、西側が提供した武器をロシア領内の軍事基地攻撃に使用すべきか、米欧当局者は厳しい選択を迫られている。ウクライナ第2の都市で、ロシアに近い北東部の高地にあるハルキウは、ロシアの激しい攻撃にさらされている。

spot_img
Google Translate »