フィンランドが正式加盟 NATO拡大 31カ国に

ロシア「対抗措置取る」

4日、ブリュッセルで記者会見するフィンランドのニーニスト大統領(左)と北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長(AFP時事)

【パリ安倍雅信】北欧フィンランドが4日、西側軍事同盟の北大西洋条約機構(NATO)に正式加盟した。NATOの新規加盟は2020年の北マケドニア以来で、31カ国体制となった。

ロシアと約1340㌔の長い国境を接するフィンランドは、ロシアによるウクライナ侵略に危機感を抱き、昨年5月にNATO加盟を申請。長く中立国の立場を保っていたが、NATO加盟で歴史的転換を図ることになった。

NATOのストルテンベルグ事務総長は3日の記者会見で「NATO本部で初めてフィンランドの旗を掲げる。フィンランドの安全保障、北欧の安全保障、そしてNATO全体にとって良い日になる」とフィンランド加盟の意義を強調。さらに「結果として(加盟手続きが遅れている)スウェーデンも、より安全になるだろう」と付け加えた。

英BBC放送は「フィンランドは西ヨーロッパで最も強力な大砲の武器庫の一つであり、ロシアのウクライナへの全面的な侵略に対応して、中立を捨てて同盟に参加することを決定した」と報じた。

一方、NATOの拡大阻止や西側の結束を弱体化させる目的でウクライナに侵攻したロシアにとっては、思惑とは正反対の結果となった。ロシアのペスコフ大統領報道官は4日、フィンランドのNATO加盟について「戦術・戦略的観点から自国の安全を保障するため、対抗措置を取る」と警告した。

昨年5月にフィンランドと同時にNATO加盟を申請したスウェーデンは、トルコとハンガリーの2カ国が批准を保留し、大幅に手続きが遅れている。トルコのエルドアン大統領はスウェーデンについて、クルド人過激派を受け入れ、ストックホルムの路上でのデモを許可したと非難している。

2日に行われたフィンランド議会選挙では、加盟を推し進めたマリン首相率いる中道左派の社会民主党(SDP)が敗北したが、勝利した国民連合のオルポ党首も「NATOとフィンランドの関係を構築し、経済を立て直す」と述べており、大きな方向転換はないとみられている。

spot_img
Google Translate »