仏独伊首脳がキーウ訪問 EU加盟と武器供与の支援表明

16日、キーウ(キエフ)を訪問したドイツのショルツ首相、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相らと並ぶウクライナのゼレンスキー大統領(中央)(AFP時事))

【パリ安倍雅信】ウクライナの首都キーウを訪問した仏独伊の欧州連合(EU)主要3カ国首脳は16日、訪問先での記者会見で、ウクライナが強く希望しているEU加盟の候補国として承認することを支持すると表明した。仏メディアをはじめ、欧州のメディアが一斉に伝えた。また3カ国首脳は、ロシアの侵攻で苦戦するウクライナに対して武器供与などを確約した。

マクロン仏大統領とショルツ独首相、ドラギ伊首相は夜行列車で同日朝、ウクライナ入りし、最初に侵攻後に激戦地となったキーウ近郊のイルピンを訪れ、被害の惨状を直接視察した。マクロン氏は「ここは勇敢な町だ」とし、ウクライナ軍を讃(たた)え、「野蛮な攻撃の跡がここには残っている」と語った。その後、ウクライナの隣国のEU加盟国、ルーマニアのヨハニス大統領もキーウで合流した。

4人のEU首脳は、ウクライナのゼレンスキー大統領と会談し、会談後の共同記者会見でマクロン氏は、EUの4カ国がウクライナの「即時」加盟候補国入りを支持すると言明。ショルツ氏は「ウクライナは欧州の家族の一員だ」と述べ、同国への武器供与を「必要がある限り」続けると約束した。ドラギ氏も「われわれの訪問の最も重要なメッセージは、イタリアがウクライナのEU加盟を望んでいることだ」と述べた。

ゼレンスキー氏はロシア侵攻後、同氏の度重なる強い要請にもかかわらず、EU主要国であるフランスとドイツが武器供与で曖昧な態度を取り、特にドイツが迅速に行動していないことに何度も不満を表していた。ショルツ氏もドイツ国内の与野党勢力から行動の遅さに批判が集中していたため、今回のウクライナでの武器供与の明確な意思表明は、対ウクライナだけでなく国内批判をかわす効果があったと仏独メディアは報じた。

EU加盟を目指すゼレンスキー氏は、ウクライナはEU加盟に向けて準備ができているとし、期待を表明した。ショルツ氏は加盟を歓迎しつつも、「多くの加盟条件をクリアするため、時間はかかる」との認識を示したが、ウクライナが2月に加盟申請して4カ月後、仏独伊が支持を表明したのは異例の速さ。EU加盟承認は加盟国の全会一致が必要でオランダやデンマークが難色を示しているとも伝えられている。

マクロン氏は武器供与について、ウクライナ東部にすでに12両配備されている仏製自走榴弾砲カエサルについて、6両の追加供与を表明した。ゼレンスキー氏は、ロシアの継続的な侵略を「統一されたヨーロッパに対する」戦争であると説明し、追加支援として重火器や最新鋭の大砲、対空防衛システムなどの提供を期待していると述べた。