東欧3首脳がキエフを訪問、連帯と支援を約束

「ウクライナを見捨てない」、ゼレンスキー大統領と会談

15日、キエフで、ポーランドのモラウィエツキ首相ら東欧の3首相と会談するウクライナのゼレンスキー大統領(中央)(EPA時事)
15日、キエフで、ポーランドのモラウィエツキ首相ら東欧の3首相と会談するウクライナのゼレンスキー大統領(中央)(EPA時事)


ポーランド、チェコ、スロベニアの東欧3カ国の首相が15日、ロシア軍の包囲作戦と攻撃にさらされるウクライナの首都キエフを訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した。3首脳は「ウクライナは自分たちの自由と独立のためだけでなく、われわれのためにも戦っている」とたたえ、連帯とさらなる支援を約束した。

2月24日のロシア軍の侵攻開始後、外国首脳がキエフを訪れたのは初めて。3人は15日午前に列車でウクライナ入りし、数時間の長旅を経てキエフ入りした。ロシア側にも訪問を事前通告していたという。3首脳は16日午前(日本時間同日午後)、ポーランドへ無事戻った。

ゼレンスキー氏らと並んで記者会見したポーランドのモラウィエツキ首相は「ウクライナを見捨てない」と強調し、ウクライナの欧州連合(EU)加盟への支持も明言した。チェコのフィアラ首相は「勇気ある戦いを称賛する。一段の支援を続けていく」と述べ、スロベニアのヤンシャ首相も「ウクライナが陸海空を守るため、防衛的・攻撃的な兵器を含むすべての武器供与が重要だ」と訴えた。

首脳らは、ウクライナ語で「ウクライナに栄光を」と勝利を誓った。ゼレンスキー氏は「キエフが侵略者の標的になっている時に、何も怖がらず、われわれの運命を危惧して来てくれた」と謝意を表明。報道によると、会談では戦後を見据えたウクライナの復興支援や、ロシアの責任追及なども協議した。(クラクフ時事)

spot_img
Google Translate »