ゼレンスキー大統領「われわれは最後まで戦う」

英議会で演説、世界大戦中のチャーチル首相の演説を引用

ゼレンスキー大統領「われわれは最後まで戦う」
8日、英議会で、ウクライナのゼレンスキー大統領のオンライン形式での演説を聞く議員ら=英議会提供(AFP時事)


ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、英議会でオンライン形式で演説し、「海で空で、われわれは最後まで戦う。いかなる犠牲を払おうとも、われわれの土地を守るために戦い続ける」と述べた。第2次世界大戦中の1940年、ナチス・ドイツとの対決を宣言した英首相チャーチルの有名な議会演説を引用し、ロシアとの対決姿勢を鮮明にした。

大統領はロシアを「テロリスト国家」と断じ、現在の戦況をナチスと戦った大戦中の英国になぞらえた。英国の劇作家シェークスピア作品中の名言も引き合いに出し、「ウクライナの問題は、生きるか否かだ」と窮状を訴えた。

大統領はその上で、対ロシア制裁の一段の強化を要請。ロシア軍機による爆撃を阻止するため、ウクライナ上空に飛行禁止区域を設定することも改めて求めた。英国を含む北大西洋条約機構(NATO)はロシアとの直接的戦闘につながることから、これまで慎重姿勢を崩していない。

英メディアによると、外国首脳の演説が下院の議場で行われたのは初めて。ゼレンスキー氏は欧州連合(EU)の欧州議会でも演説している。(ロンドン時事)

spot_img
Google Translate »