「参院で対中非難決議を」

国会議員会館前で参院での対中非難決議などを求める集会参加者たち=10日、東京・永田町(村松澄恵撮影)

中国弾圧下の諸民族訴え

通常国会の会期末が迫る10日、参院での対中非難決議と人権侵害制裁法の成立を求めて東京・永田町の国会議員会館前で集会が行われた。

中国共産党の弾圧を受けている諸民族の出身者らが参加し、プラカードなどを手に「中国に対して正しくNOと言える国をつくってほしい」などと訴えた。

日本ウイグル協会をはじめ、チベット、南モンゴル(内モンゴル自治区)、香港の出身者による八つの団体が集まった。