ロコ・ソラーレが会見、藤沢五月「すごく感謝」

北京五輪で銀メダル、吉田夕梨花「決勝は宝物の1試合」

ロコ・ソラーレが会見、藤沢五月「すごく感謝」
オンラインで記者会見し、銀メダルを掲げるカーリング女子日本のロコ・ソラーレ。左から石崎、藤沢、吉田夕、鈴木、吉田知=23日(日本カーリング協会提供)

 北京五輪で銀メダルを獲得したカーリング女子日本のロコ・ソラーレが23日、オンラインで記者会見し、スキップの藤沢五月は「最後までこのチーム全員で戦い切ることができて、すごく感謝している」と心境を語った。
 前回平昌大会の銅メダルを上回る日本の最高成績。念願の舞台となった決勝では英国に敗れ、悔しさが残ったものの、リードの吉田夕梨花は「好きなチームで好きなカーリングをできたのは結果以上に誇り。私にとって宝物の1試合」と笑顔で話した。
 セカンドの鈴木夕湖は日本代表の座をめぐってしのぎを削った国内ライバルチームの存在を挙げ、「絶対に悔しい思いがある中で全力で応援してくれ、とても力になった。日本で勝ち取れたメダルだと改めて実感している」。出番はなかったリザーブの石崎琴美も「日本中でたくさんの人が応援してくれたことで、このスポーツの魅力を伝えることができた」と語った。
 1次リーグ敗退の危機から準決勝進出が決まり、涙を見せる場面もあった。サードの吉田知那美は「弱く、格好悪く、ださくても、チームとしてやりたいカーリングを突き詰めてメダルを手にすることができた」とかみしめるように振り返った。