北京五輪でメダル最多18個、コロナ禍でも前進

エース頼みの課題も、伊東団長「ジュニア世代の強化を」

北京五輪でメダル最多18個、コロナ禍でも前進
北京冬季五輪の日本人メダリスト

北京五輪でメダル最多18個、コロナ禍でも前進
日本の冬季五輪メダル獲得数

 日本は北京五輪でメダル18個を獲得した。冬季で最多だった前回平昌大会の13個から5個増。新型コロナウイルス下で先が見通しにくい状況だった中、伊東秀仁選手団長は「最強のチームジャパンを実証した」と誇り、前進していることを結果で示した。
 4年前との大きな違いは、銅が9個と前回の4個から倍以上に増えたこと。28年ぶりの表彰台となったノルディックスキー複合団体は、的確な選手起用が光って後半距離で挽回。着地の成否で得点が大きく変わるスノーボードでは、女子ビッグエアの村瀬心椛(ムラサキスポーツ)、同ハーフパイプの冨田せな(アルビレックス新潟)が期待に沿う結果を残した。
 スケートでは、フィギュア男子の18歳、鍵山優真(オリエンタルバイオ)が銀。スピードの21歳、森重航(専大)は男子500メートルで3大会ぶりのメダルを日本にもたらした。若い力は4年後にもつながりそうだ。
 ただ、手放しで喜べる状況ではない。スピードの女子は高木美帆(日体大職)を軸に四つ、ジャンプは小林陵侑(土屋ホーム)が二つのメダルを手にしたが、エース頼みの面があった。他の国際大会で実績を残したメダル候補はいても、4年に1度の大舞台で力を発揮できる選手は限られる。
 日本勢が結果を残し続けるには、今大会入賞した競技、種目の若手に目を向けて強化を進める必要がある。小林陵は個人ノーマルヒルで、21歳だった前回の7位から金メダリストになった。
 伊東団長は「次のイタリア、さらに札幌市が招致活動している2030年に向け、現在のジュニア世代の強化をしていく」と青写真を描いた。(時事)


= 北京五輪メダル最終獲得数 =

◇北京五輪メダル最終獲得数

            金    銀    銅    計
ノ ル ウ ェ ー     16    8   13   37
ド  イ  ツ    12   10    5   27
中     国     9    4    2   15
米     国     8   10    7   25
スウェーデン      8    5    5   18
オ ラ ン ダ     8    5    4   17
オーストリア      7    7    4   18
ス  イ  ス     7    2    5   14
R  O  C     6   12   14   32
フ ラ ン ス     5    7    2   14
カ  ナ  ダ     4    8   14   26
日     本     3    6    9   18
イ タ リ ア     2    7    8   17
韓     国     2    5    2    9
ス ロ ベ ニ ア      2    3    2    7
フィン ラ ン ド     2    2    4    8
ニュージーランド    2    1    0    3
豪     州     1    2    1    4
英     国     1    1    0    2
ハ ン ガ リ ー      1    0    2    3
ベ ル ギ ー     1    0    1    2
チ  ェ  コ     1    0    1    2
ス ロ バ キ ア      1    0    1    2
ベ ラ ル ー シ      0    2    0    2
ス ペ イ ン     0    1    0    1
ウ ク ラ イ ナ      0    1    0    1
エ ス ト ニ ア      0    0    1    1
ラ ト ビ ア     0    0    1    1
ポ ー ラ ン ド      0    0    1    1
   計      109  109  109  327
  (フィギュアスケートの団体を含む。
   ROCはロシア・オリンピック委員会)(時事)