カーリング日本女子、流れつかめず英国に完敗

3-10で敗れ悔しさ残る銀、藤沢「いつか戻ってくる」

カーリング日本女子、流れつかめず英国に完敗
カーリング女子で銀メダルを獲得した日本。右から藤沢、吉田知、鈴木、吉田夕、石崎=20日、北京(AFP時事)

五輪選手村を報道陣に公開、感染症対策を徹底
カーリング女子決勝、英国戦で指示を出す藤沢(奥)=20日、北京(時事)

カーリング日本女子、流れつかめず英国に完敗
カーリング女子(ロコ・ソラーレ)の北京五輪成績

カーリング日本女子、流れつかめず英国に完敗
カーリング女子日本代表の五輪成績

 第9エンド終了時で英国との点差は7点となった。日本は負けを認める「コンシード」を宣言。「決勝が一番あっという間に時間が過ぎた。まだここに立っていたかった」とリードの吉田夕は涙を流した。憧れ続けた決勝の舞台。戦いを終えて胸中にあふれたのは充実感よりも悔しさだった。
 英国は平昌五輪の3位決定戦で熱戦の末、破った相手。円内中心にストーンを集めて勝負してくるのは想定内だった。だが、この日の日本は氷の読みがうまくいかず、なかなか狙い通りの位置に石を置けない。
 その隙を相手は逃さなかった。2-4の第7エンド。4年前の日本戦で最終投をミスしたミュアヘッドに4点ショットを決められると、6点を追う後攻の第8エンド。それまで我慢を続けてきたスキップ藤沢の最終投は、スイーパーの2人が早々と掃くのをやめてしまうミスショットに。反撃は1点にとどまり、試合は事実上、終わった。
 前回大会で銅メダルを獲得した翌日に観戦してから、五輪の決勝の場に立つことが夢となった。現実のものとなったが、藤沢は「もし私が自分に今、声を掛けるなら『絶対にいつかこの舞台に戻ってこい』と言う」。涙は見せずにしっかりと前を向いた。
 今後の競技人生について問われたサードの吉田知はきっぱりと答えた。「私たちの強さは今感じている気持ちが一緒なこと。誰一人として満足していない。またここから始まる」。日本のカーリング界の歴史を塗り替えてきたチームの力の源が、見えた瞬間だった。(時事)