悲願達成に父・愛徳さん「応援ありがとう」

高木美帆選手が金、北海道幕別町で関係者が喜びを爆発

悲願達成に父・愛徳さん「応援ありがとう」
高木美帆選手が金メダルを獲得し、万歳三唱する北海道幕別町の関係者と父愛徳さん(前列左から2人目)=17日午後、同町

 スピードスケート女子1000メートルで17日、金メダルを獲得した高木美帆選手(27)。個人種目での悲願達成に、出身地の北海道幕別町では関係者が喜びを爆発させた。父愛徳さん(64)はうっすらと涙を浮かべ、「全国から応援をいただき、本当にありがとう」などと語った。
 町内のホールにはこの日、飯田晴義町長ら応援する有志が集まり、オンラインでのパブリックビューイング(PV)を開催。愛徳さんもおそろいのジャンパーに身を包み、画面に熱い視線を送った。美帆選手が好タイムでゴールに近づくと、会場からは「よし!」「行けるぞ」と大きな声援が飛んだ。
 最終レースが終わり首位が確定すると、関係者は立ち上がって万歳三唱。愛徳さんは深々と頭を下げた。
 この後、愛徳さんは「コロナ禍の中、五輪が開催されたことにまず感謝する」とあいさつ。「皆さんの応援が原動力となり、日の丸を背負うことができた。娘たちも含め、競技はまだまだ続く。今後も応援をよろしくお願いします」と締めくくった。

spot_img
Google Translate »