ガイアナ領巡る国民投票 ベネズエラ

【サンパウロ綾村悟】反米左派マドゥロ政権による強権政治が続いている南米ベネズエラで3日、隣国ガイアナの「エセキボ地域」の領有権をめぐる国民投票が実施される。ベネズエラは、ガイアナ領土の7割を占める同地域の領有権を主張している。

ガイアナでは、近年になり、同国沿岸で海底油田が大量に発見された。エセキボ地域にも多くの海底油田が確認されており、ベネズエラが領有権を主張する理由の一つになっている。ガイアナの原油確認埋蔵量は、国民一人当たりではサウジアラビアなどを抜いて世界1位になっており、エクソンモービルや米シェブロンなどの石油大手が資本を投じ、開発している。

spot_img