記録的な熱波、体感58度超え ブラジル

【サンパウロ綾村悟】ブラジル各地で記録的な熱波が続いている。リオデジャネイロでは14日、湿度が上がったことから体感温度が58・5度となり、市当局は警報を出した。気温は35・5度だった。

リオデジャネイロでは、12日にも気温42・5度と観測史上最高を記録した。熱波は主に南東部や中西部で観測されており、3000近くの自治体が熱波警報の対象となっている。保健省は、熱波による健康被害への注意喚起を促しており、不要不急の外出を控えるように呼び掛けている。熱波は今週末まで続く見通し。

spot_img
Google Translate »