アマゾン川支流、水位が過去最低 ブラジル

【サンパウロ綾村悟】ブラジルの国立アマゾン研究院(INPA)は18日、世界最大のアマゾン川の第2の支流ネグロ川の水位が、121年前に記録を開始して以来、過去最低を記録したと発表した。

INPAによると、ネグロ川の水位は16日に13・59㍍を記録、過去最悪の干ばつとされた2010年の13・63㍍を更新した。乾期は今月末から来月初旬まで続くものと予想されており、水位のさらなる低下が懸念されている。

spot_img
Google Translate »