ルラ大統領の支持率が低下 ブラジル

【サンパウロ綾村悟】今年1月に就任したブラジルの左派ルラ大統領の支持率が低下している。

世論調査会社MDAが3日に発表した世論調査によると、支持率は40・6%だった。調査は9月27日から10月1日にかけてブラジル国内の有権者約2000人を対象に実施された。5月に実施された前回の調査では、支持率は43・1%だった。一方、不支持率は前回の24・6%から27・2%に上昇した。

支持率が低下した理由としては、物価上昇や治安の悪化、失業率が改善されていないことなどが挙げられている。

spot_img