深刻な旱魃で パナマ運河通行制限か

【サンパウロ綾村悟】大西洋と太平洋を結ぶ最短航路を提供している「パナマ運河」の運河庁関係者は24日、深刻な旱魃(かんばつ)の影響により、船舶の通航制限を少なくとも今後10カ月行う可能性があると述べた。中米パナマにある同運河は、水門と高低差を利用して船舶を移動させており、運用には人造湖が貯(た)めている膨大な真水が必要となる。パナマでは今年、気候変動とエルニーニョ現象が原因となり、過去20年間で最低の降雨量を記録している。

spot_img
Google Translate »